かつて上演されたステージの中から、記憶に残る「伝説的な名舞台」「懐かしの公演」(LEGEND作品)をピックアップし、当時の映像のまま皆様へ届ける番組です。
さらに、その演目・劇団に馴染みの深い人物をゲストに招き、当時の状況や心境を振り返り、そして辿り着いた今を語ってもらいます。
そして時には、ブレイク必至の若手演出家や俳優の有望作などもお送りします。

#43 宮城聰演出SPAC-静岡県舞台芸術センター「マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~」(2014年 アヴィニョン)

初回放送:2018年4月18日

王家の熾烈な争いを軸とした古代インドの国民的大叙事詩の中で、最も美しいロマンスと言われる挿話『ナラ王物語』。争いの絶えない俗界に咲く花のような物語を、宮城聰は「平安時代に伝わっていたら…」という大胆な着想のもと、絢爛豪華な舞台絵巻に昇華させました。
このSPAC版『マハーバーラタ』は、2014年に世界最高峰の演劇の祭典「アヴィニョン演劇祭」から招聘され、いまなお「演劇史上の大事件」として語り継がれるピーター・ブルック演出の『マハーバーラタ』と同じ「ブルボン石切場」で2週間に渡り上演。約1,000の客席を連日満席にし、スタンディング・オベーションの嵐を巻き起こしました。
圧巻は神々と人間が駆け巡る客席の360度を取り囲むリング状舞台。白を基調とした平安貴族風の美しい衣裳や舞台美術、出演俳優によるパーカッションの生演奏から生まれる圧倒的な臨場感、「語り」「動き」「リズム」が三位一体となって織りなすグルーヴが、観客をまたたく間に幻想的な劇世界へと引き込みます。
2017年、『アンティゴネ』でアジア圏の劇団として史上初めてアヴィニョン演劇祭のオープニングをメイン会場「法王庁中庭」で飾り、再び世界の観客を魅了した宮城。その創意に富んだダイナミックかつ繊細な演出がふんだんに盛り込まれたSPAC祝祭音楽劇の頂点『マハーバーラタ』アヴィニョン公演の模様を、今秋パリで開催される日本博「ジャポニスム2018」での上演に先駆け、TV初放送します。

出演者・スタッフ

演出:宮城聰 台本:久保田梓美 音楽:棚川寛子 空間構成:木津潤平
出演:SPAC/赤松直美、阿部一徳、石井萠水、大内米治、大高浩一、片岡佐知子、加藤幸夫、木内琴子、榊原有美、桜内結う、佐藤ゆず、鈴木麻里、大道無門優也、舘野百代、寺内亜矢子、仲村悠希、本多麻紀、牧野隆二、牧山祐大、美加理、森山冬子、山本実幸、横山央、吉見亮、若宮羊市、渡辺敬彦 [五十音順]

放送スケジュール